山田孝之

June 25, 2016

『土竜の唄』

このセンスの悪さはもしや?!と思ったら案の定、三池崇史だったか。相変わらず悪ふざけ癖が抜けないんだねぇ。寒いおやじギャグにつきあわされている感がヌケないんだよなぁ。今や裏社会を描いた作品には必要不可欠な存在になった山田孝之は本作においても、異彩を放つ。ウシジマくんの新シリーズも期待。

marillion1 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)