September 07, 2016

聲の形

原作は読んでいない。のだけれど、KYで一途な永束は知ってるんだよなぁ。ナゼ?あだち充の漫画を彷彿させる風景描写が秀逸。空に写った雲の影とか夜空を飛行する旅客機のストロボライトとか。これを観るためだけでも映画館へ足を運ぶ価値はあると思う。原作をまんま映画化できないことは承知した上で言ってしまうと、前半の硝子へのイジメ、将也の排除、植野の将也への思いの踏込みが今ひとつ浅く、それらに比べて高校編での贖罪へのが過大でチグハグな印象。硝子の自殺未遂も原作にはある映画撮影のエピソードが割愛されていることもあり唐突な感があることは否めない。

marillion1 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)Movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字