August 04, 2015

ピエロがお前を嘲笑う4

スタイリッシュでインダストリアルな雰囲気は、タンジェリン・ドリームやアシュラ、カン、ノイ、グルグル等、70年代初期のジャーマン・ロックの雰囲気を湛える。"BRAIN"レーベルのロゴがフラッシュバックした。 ハッカーの話だが、システムへのハッキングの前にソーシャル・ハックの手順を踏んでいることが毎回挿入され、上っ面だけをなぞった雰囲気モノの似非サイバーSFとは一線を画す。
時間を切り取り貼り付けたような編集もサイバーパンクのノリを付け加えることに一役買っている。
エンディングはヤリ過ぎの感がなきにしもあらずだが、この手の作品としてエポックであることは紛れもない。


marillion1 at 21:30│Comments(0)TrackBack(0)Movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字