September 24, 2005

猟盤日記

1勝1敗1分であった。
懐の寂しい時にこの結果は痛い。

フューネラル・アルバム
SENTENCED/THE FUNERAL ALBUM
勝ち。
評判通り、充実した楽曲満載のアルバムである。
メロディとアグレッションのバランスが絶妙な王道メタルである。
まだ一回しか聴いてはいないが聴きこむべき内容であることは十二分に伝わった。

FATE&DESTINY
DOUBLE DEALER/FATE & DESTINY
引き分け。
個人の能力が高いことはライブでも確認済みなのだが、なんかピンと来ないんだなぁ。
心に響かないと言うか。CONCHERT MOON、SERBEL TIGERもかなり持ってはいたが、ダメ
だったっけ。陰陽座や犬神の曲に感じるような魅力というか、凄みというか、よく判らないのだけれどなんか好きという感覚が伝わって来ない。
ただ上手いだけじゃダメなんだよな。キレイだけれど心を動かされない美人て感じか。
受けない、売れない原因を日本人だからという偏見に見出そうとするのは、分析が足り
なさ過ぎ。短絡的過ぎやしないか。
でも、巷の評価では最高傑作とのことだし、好きなタイプではあるのでもう少し聴き込んでみよう。
オレが判っていないだけかもしれないし。

For A Fistful Of Dollars
$OUL DOCTOR/FOR A FISTFUL OF DOLLARS
負け。
勝手に FAIR WARNINGを期待してしまったのが最大の敗因。SOUL DOCTOR
ってこういうのだったんだ。類型的なブギーロックじゃん。今のオレの耳はこういうの
は求めていない。曲も凡庸でツマラナイ。こうなると、トミーハートの声が以前と変
わっていないのがなおさら虚しい。

marillion1 at 23:27│Comments(0)TrackBack(0)猟盤 | DISC REVIEW

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字